「アレルギー症状=治らない病気」と思い込んでいませんか?「花粉 症・鼻炎・アトピー・喘息がなかなか治らない」というあなたへ

アレルギー症状の改善に必要な知識とは


毎年、あなたが頼りにしているアレルギー対策は?

(A)アレルゲン物質や有害物質の侵入を防ぐ。(B)アレルギー症状を抑える薬を飲んだり、塗ったり、吸引すること。(C)“アレルギーを引き起こしている原因のおおもと”から改善する取り組みをおこなっている。

もし、今の時点で(C)の「原因のおおもとから改善する取り組み」をおこなっていない…という人は、一時的につらい症状を抑えることは出来ても、完治する可能性は極めて低い状態にあると言えます。

なぜなら、症状を抑え込むだけでは、原因のおおもとが改善されたわけではないので、再び症状が現れたり、さらにひどい状態になる可能性が非常に高いからです。


そして、もう一つ質問があります。


統合医療に関する知識を持ったお医者さんに診てもらったことは?


もし、「ない…」という場合も、改善までにかなりの年数を要したり、改善がみられない状態がずっと続く可能性があるといえます。

なぜなら、統合医療の視点を取り入れた治療を受けたことがないということは、それだけでは断定はできませんが、おそらく、 “患部だけではなく、原因のおおもとにも目を向けた体全体を診る治療” を受たことがない可能性が極めて高いことが想定されるからです。

統合医療とは


つらい状態を長引かせないために、是非お役立てください。


もし、今あなたが「花粉症、鼻炎 症状、アトピー、気管支喘息等の各種アレルギー症状で、長年薬に依存した状態が続いている」という場合には、今すぐこちらをご覧になられておくことをお勧め致します。

約50年に渡り、「医療の統合化」に尽力を尽くして来られた、国立北京中医薬大学日本臨床研究所理事長 名倉仟 先生よりお聞かせいただいた、「なぜ、一般的な治療や薬だけでは治る可能性が低いと言えるのか?」「今すぐにでも始めるべきこと」、これらについてご覧いただくことが出来ます。


短時間で理解できるものをご用意致しました 喜びの声

“知る機会” を逃さないために。

もし今、あなたが以下の状況にあるという場合には、 重要な部分を見逃すことを避けるため にも、続きをご覧になる前に「お気に入り」への登録を済ませておくことをお勧め致します。


  【このような場合は、先に「お気に入り」への登録を済ませておいてください。】
  • 仕事中なので、読んでいる途中に、急に消さなくてはいけなくなる可能性がある…
  • 「どこで見つけたのか?忘れてしまった…」ということが、よくある…
  • 今すぐ内容を知りたいが、今は時間がない…

※もちろん、読んでみて価値を感じれなかった場合は、あとから登録を削除していただければ結構です。

続きを読む


取材協力:国立北京中医薬大学日本臨床研究所 理事長 名倉仟 先生
(名倉理事長のプロフィールは、次のページに記載させていただいております。)

このページの先頭へ